筋違い

秋田県知事は、奥羽・羽越新幹線の実現に向けた発言をしていましたが、まったく熱意を感じません。
県内でも、盛り上がっている様子もありません。

一方、山形県は、専用のサイトを開設したり、随所に看板を設置したり、地元マスコミも熱心に報道するなど、官民挙げて盛り上げています。
県民性の違い、と言ってしまえばそれまでですが、私個人としては、奥羽・羽越新幹線は不要と考えます。

運営主体となるJRは民間企業なので、明らかに採算が取れない路線の新設には消極的になるのは当然ですし、旧国鉄の二の舞にしてはいけません。

なぜ赤字になると言い切れるのか、と言われるかもしれませんが、秋田県の旅客流動を見れば明らかです。
秋田県から東北各都市への旅客移動が最も多いのは仙台で、次いで盛岡、青森と続きます。
一方、山形への移動は最も少なく、現に秋田~山形間にあった特急列車も乗客減を理由に廃止されていますし、現在も県境越えの列車は数本しかありません。

また、仮に奥羽新幹線ができれば、現在の秋田新幹線は廃止でしょうし、そうなると、盛岡・仙台へは乗り換えとなってしまいます。
同じカネをかけるなら、秋田新幹線の高速化がよほど現実的と言えます。

こんなことを書くと、横手・湯沢地域の方々から怒られるかもしれませんが、そういう方々に敢えて言わせていただきます。
あなたは普段、鉄道を利用していますか?奥羽新幹線が開通したら、年に何回利用しますか?

鉄道は遠くから眺めて楽しむものではなく、利用しなければ維持できません。
普段から利用していないし利用する予定もないという方が大半だとしたら、秋田に奥羽・羽越新幹線は不要でしょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック