無知蒙昧

秋田新幹線に新仙岩トンネルを建設する期成同盟会が発足し、いよいよ長年の懸案であった抜本的な高速化に光が見えてきました。

総事業費は約600~700億円で、東京~秋田間が7分間の時間短縮となる見込みであると発表されました。
秋田県知事は、将来的には大曲駅でのスイッチバックの解消も目標と発言しています。

ところが先日、新聞の投稿欄である投稿が目に入りました。
「わずか7分間の時間短縮のために大金を使うくらいなら、横手を経由して北上線に通した方がマシだ」というものです。

おそらく、県南在住者の方か、知ったかぶりの鉄道マニアもどきかと思われますが、横手経由にした場合、どのくらい費用がかかるのか、それに見合う乗車が見込めるのか、それに伴うデメリットがどれほどのものか、などが一切念頭にないようです。

まず費用ですが、秋田新幹線建設時の工事費は、598億円でした。
主な工事としては、レールの広軌化、路盤強化と傾斜修正、盛岡駅でのアプローチ線新設などです。
横手経由とした場合であっても同様の工事が必要となりますが、加えて、北上線の電化工事も必要となります。
それにより、トンネルの堀直しや橋梁の架け替えが必要な部分が出てくる可能性がありますので、事業費はさらに膨らむ可能性があります。

次に費用対効果です。
秋田新幹線は、盛岡駅での乗り換え解消と大幅な時間短縮が最大の目的であり、実際、開業後は航空便の客を奪うほどの効果がありました。
いま大金を投じて横手経由にしたところで、費用に見合うほど乗客が増えるのでしょうか?
特急は廃止され、北上線の利用客が減少している現状において、その要素は皆無といっていいでしょう。

次にデメリットです。
仮に秋田新幹線を横手経由とした場合、秋田~盛岡間の直通は廃止されます。
県庁所在地である盛岡へ向かう客は乗り換えの不便を強いられる上に、県内主要観光地である角館と田沢湖へのアクセスが悪化し、経済へも悪影響が及びます。
また、東北新幹線内では、こまち号とはやぶさ号は併結運転していますが、全列車が分割併合のため北上駅での停車を余儀なくされ、はやぶさ号の表定速度が低下します。
さらに、大曲~横手間の広軌化により県南の普通列車の運行が大曲・横手で分断されます。

そもそも新仙岩トンネル計画が浮上した背景は、山間部のため常に土砂崩れや雪崩の危険にさらされていること、豪雨・豪雪のため遅延や運休が頻発し、接続する東北新幹線のダイヤに影響が及んでいること、竣工から半世紀以上が経っている現トンネルの老朽化が進んでいることなどが挙げられ、7分間の時間短縮は副次的効果にすぎません。

私個人としては、夢物語の奥羽新幹線なぞに想いを馳せるくらいなら、秋田新幹線のフル規格化こそ現実的と考えています。
北海道・東北新幹線の高速化が進み、他県では東京からの主要時間短縮が進んでいるのに、秋田だけはいつまで経ってもその流れに乗れず、再び陸の孤島となりかけています。

人口減少が著しい秋田県にあって、鉄道高速化のチャンスは今回が最後になるでしょう。
鉄道は眺めるものではなく、乗るものです。

今回、投稿した方は、年に新幹線を何回利用しているのでしょうか?
乗りもしないでただ「欲しい」「よこせ」というだけなら、子供のおもちゃねだりと何ら変わりません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック