困った悪質な書き込み

秋田の鉄道なら何でも書き込みOKという掲示板ですが、以前から悪質な書き込み(ほとんどがアダルト系)が後を絶たないため、パスワードを設定してみたところ、書き込みはなくなりました。 というか、書き込みそのものがなくなってしまいました。 やはり安全性を高めれば利便性も犠牲となるので、そういう面で書き込みが敬遠されたのであろう、というこ…
トラックバック:0

続きを読むread more

コンパクトステーション

お盆休みを利用して改築された駅舎を撮影してきました。 今回は、富根駅・前山駅・陣場駅の3駅です。 いずれの駅舎も新しくなったのはよかったのですが、どんどんコンパクトになって、最低限、雨露だけをしのぐだけの機能しかなくなっており、果たして「駅舎」と呼んでいいものかとまどってしまいます。 まあ、乗客の利用形態に合わせた効率的な駅舎であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嗚呼、衰退の秋田の鉄道!

駅乗車人員数のデータを20年版に更新しましたが、ご覧になってお分かりのように、ほぼすべての駅で人員が減っています。 秋田県は全国でもっとも人口減少が進んでいる上に、観光資源も乏しく、昨今の大不況などもあって、どこの駅も活気がありません。 乗車人員数は20年前に比べて約3割も減っており、列車本数や編成車両数の削減も顕著です。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地元のフランス料理店を紹介します。

サイトのリンク集にも掲載していますが、北秋田市(旧鷹巣町)にはリーズナブルな価格でおししいフランス料理が食べられる店があります。店名は「ボワ アン クープ」といいます。 シェフは、本場フランスで数年間修行して腕を磨いており、来店者はみな満足して帰っていきます。 実は、サイト管理人である私「マタギ☆ファイター」とシェフとは旧知の仲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小坂鉄道消滅まであと4ヶ月!

小坂鉄道については、今年9月18日に廃止届が出されたところですが、廃止までついにあと4ヶ月となりました。 同線は最盛期の昭和40年代には年間200万人以上もの利用があり、花岡鉱山と小坂鉱山からの鉱石輸送の貨物列車が大館駅までピストン輸送されるなど、栄華を極めていた時代もありましたが、鉱山の閉山と沿線人口の過疎化によって衰退の一途を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掲示板にパスワードを設定しました。

サイト開設当初からご利用いただいている掲示板については、秋田の鉄道に関してたくさんの書き込みをいただき、感謝しているところです。 開設時から不適切な書き込みは何度かありましたが、その都度、書き込みを削除したりIDやキーワードの制限を行ったりして対応してきました。 ところが、最近は、自動プログラムによるものと思われる書き込みが増え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅舎あれこれ

昨年7月に改築された田沢湖線の羽後四ツ屋駅と今年7月に改築された奥羽本線の神宮寺駅を撮影してきました。 かつての趣のある駅舎に代わって建てられた駅舎は、最近はやりの外観で、まったく面白みのないものでした。 特に神宮寺駅は、明治37年に開業した当時からの駅舎で、歴史的価値もあったろうに、あっさりと簡易な駅舎に姿を変えられていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小坂製錬が100年の歴史に幕

小坂製錬がついに運行を終了しました。 明治41年に鉱石運搬用として開業した小坂線は、最盛期には多くの貨物列車が設定され、平成6年までは旅客営業も行っていました。 小坂鉱山閉山後は、小坂製錬所で精製される濃硫酸を搬出するための貨物輸送のみが一日2往復設定されていましたが、平成19年に濃硫酸を副産物として製造しない新型炉が導入され、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああ、栄枯盛衰!

国土交通省は、秋田港外港地区に国際コンテナターミナルを整備し、鉄道を介した輸送体系を構築する「シーアンドレール構想」を発表しました。 具体的には、仙台港で荷揚げした自動車部品を仙台臨海鉄道からJR線を経由して秋田臨海鉄道秋田北港駅まで輸送し、そこからロシア行きのコンテナ船に積み込むものです。 当面は、各種実証実験を繰り返し、問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしい写真が・・・

最近は仕事が多忙なことと、体力的な衰えから、すっかり活動が鈍くなりましたが、学生時代はよくカメラ片手に鉄道写真を撮りまくっていたものです。 私事ですが、実はこのたび結婚することになりまして、長い間一人暮らししてきた部屋を整理していたところ、棚の奥から大量の写真が出てきました。 それらの大半は学生時代に写したものばかりで、楽しかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more